お馴染みtenki.jpがヒド過ぎるから




皆さん、天気サイト・天気アプリはどこを使ってますか? サイト・アプリ共に、
この2ヶ所がメジャーというのか上に来るというのか、会社的にも有名で使いがちですよね。tenki.jpは日本気象協会の運営するサイト、ウェザーニュースの会社ウェザーニューズは日本の企業ですが世界最大の民間気象情報会社らしいです。信用できそうです。が…



ウェザーニュース


まずウェザーニュースですが、サイトの作りが嫌 小さい四角の全面FLASH。古い。パソコンの解像度の低いディスプレイを考慮してサイト全体を小さく、文字も小さ目で作られた一昔前の個人サイトのよう。で、地図が「沖縄」を選択しようとすると、囲いが出て、奄美大島も一緒に囲まれる。そこからズームすると奄美大島は省かれた沖縄諸島のズームになりますが。ウェブ上奄美情報の間違い正し隊(笑)の僕としてはちょいと嫌です。

iPhoneの天気アプリは、1番初めはウェザーニュースのアプリを使ってました。

ウェザーニュース タッチ (アプリ for iOS)

まあ良い方だと思います。現在天気と予報に不満を持った記憶がないので、結構当てていたかな? 作り的にはやっぱり得意なFLASHって感がありますね。致命的なのはクイックに見たいページ(地域)をブックマーク的に保存できたのですが、その一覧で地名が切れて判らなくなる事でした。瀬戸内町も龍郷町も「鹿児島県大島郡…」とかいう表示。改善要望を送ってその丁寧な返信も来たのですがなかなか変わりませんでした。今はどう変化しているか分かりません。



tenki.jp


日本人がサイトもアプリもすぐに利用するのはこちらかと思います。サイトもアプリも統一感のある使いやすい見やすい分かりやすいデザインです。が…

tenki.jp (アプリ for iOS)

ハズします! 甘いです!


まず、ニュアンスが甘いんです。“明るい白い空=晴れ”みたいな感じ。天気情報では嬉しくないポジティブ寄りなんですね。良い方良い方に、予報し、現在天気を認識します。風景写真・映像を撮る人にとって非常に困ります

そして、普通にハズします。時間が近くなっても訂正しません。現在になっても訂正しません。時間が過ぎ去ってグレーの色になって合わせていく事も多々。



気象ライブ (Weather Live)


iPhone天気アプリもMacで見る天気サイトもtenki.jpを使っていてダマされ続け…。もっと良い天気情報ライフを送らないとと探してみました。すると、天気ジャンルでこちらがトップセールスでした。

気象ライブ for iOS、気象ライブ (Weather Live) for Mac アイコン
  • 気象ライブ (アプリ for iOS / 有料版)
  • 天気° (アプリ for iOS / 無料版 / 存在するが、「°」がGoogle 検索できず、「天気」だけではアップルサイトでのページを見付けきれない)
  • 気象ライブ (Weather Live) (アプリ for Mac / 有料版)
  • 天気° (アプリ for Mac / 無料版 / 〃)
↑ちょっと分かり辛いですが、このアプリは「気象ライブ」と言い、その無料版を「天気°」と言います。そして、iOS版もMac版も同じ名前で同じように有料版・無料版あるという事です。

更に説明すると、iOS版の方が開発が進んでいる感じで、アプリ内日本語表示され、Mac版の方はアプリ内英語表示。で、アプリも「Weather Live」という名前なのです。ですがApp Store、アップルサイト内での紹介は「気象ライブ」という名前。そこでこの記事ではMac版を「気象ライブ (Weather Live)」と書かせていただきました。いずれ日本語対応する?

当たる! 現在天気においては完璧


このアプリの1番の特徴は、背景の風景画像が、選択された場所と時間の天気をビジュアルで表現するという事。この移り変わる背景をもって公式は「史上最高に美しいお天気のアプリです。かつてないほどの。」という若干危うい日本語でうたっています(笑) また他のユーザーもこの部分でゲットしたようで、レビューに「デスクトップ壁紙にはなりません。ご注意を」などと書いてます。

僕は美しさについてはまあいいんじゃないって程度ですが、よく当てます。背景のニュアンスがとても助かります。“明るい白い空”を乱暴に「晴れ」とはせずに、雲のかかった太陽で表現してくれるのです。どこもタップしない状態*だと、現在地点の現在の天気を表す事になるのですが、それはもう完璧に近いです。なぜここまで判るのでしょうか。逆になぜ日本の会社にできないのでしょうか。

気象ライブ for iOSのスクショ

気象ライブ for Macのスクショ

何かと“デジタル表現”される世の中ですが、天気は白黒メリハリを効かせちゃダメだと思います。


このリアルニュアンスは特に風景カメラマンは助かると思います。



Mac版は若干劣った状態でリリースしてます
iOS版に対し、Mac版は途中でリリースした感じがします。
上にも書きましたが、日本語対応してません。
そしてiOS版だと、来る先の時間・曜日をタップすると、その選択した時の空模様に背景が変化してくれるのですが、Mac版では先の時間・曜日がクリックできません。
地域の切り替えがディゾルブで遅いです。



まあこんな感じでおすすめします。てか何でこんなに詳しく書いちゃった? 念の為言いますがアフィとか何か利益があるとかそんなんじゃないですよ。素直なおすすめです。







全天気アプリ・サイトへ

合併して奄美市が誕生してから地域選択に「笠利」がなくなりました。

実際は観測所がどこにあるのか知りませんが、気分的には“奄美大島最北”の天気を見たいです。皆さん奄美大島北部の天気は「龍郷町」を設定してると思いますが、「笠利(町)」も復活させてほしいな。







【追記】20日

褒めた矢先にハズし中。
朝からしとしと雨降ってるのに、現在「まばらな雲」…。
龍郷町も大和村も同じ。このハズしっぷりは何らかの“計測の空白”が起こっていると思われます。多分鹿児島市の天気を反映してる。

もしかして、iPhoneは公式アプリがアニメーション的にも上回ってるか…?
気象ライブと類似で背景が空で天気を表現している。気象ライブの静止画がスライドするのより巧妙で、流れる雲に雨が降ってるアニメーション。更にカミナリが光った。公式、“雷雨”で背景アニメーションの真価出るな。

【10分後】
気象ライブ、合わせてきました。雨降りになってくれました。ほっ…。