登録日(2019年11月28日)を起点に設定していただいていたのか、まず、その丸1年の1ヶ月前くらい(11月初め)からだったのでしょうか(記録なし曖昧)。ディスプレイに「間もなくエンジンオイル交換時期です」的なメッセージが出始めました。

ならば新しいオイルで新年を迎えられるように、12月中にオイル交換をするローテーションにしようと少し待ちました。

そして12月になって(曖昧)、毎度エンジンをかけるとこのような警告が出るように…

センターコンソール コントロールディスプレイ
ミニクーパーのセンターコンソールディスプレイ エンジンオイル点検実施時期 サービスログオン 点検実施時期を無視すると、車両の二次故障に至る恐れがあります。直ちに正規ディーラーでエンジンオイル点検を受けて下さい。
ミニクーパーのセンターコンソールディスプレイ エンジンオイル点検実施時期 サービスログオン 点検実施時期を無視すると、車両の二次故障に至る恐れがあります。直ちに正規ディーラーでエンジンオイル点検を受けて下さい。

メーターパネル インフォディスプレイ
タコメーターディスプレイ エンジンオイル点検実施時期

間もなく自爆しそう。
…これは嫌だ💧 早く替えたいし、何ならあんま走行させたくなくなる。
「メッセージを閉じる」で消せますが、毎度エンジンをかける度にまず出て、気になります。また、メッセージを閉じてもセンターコンソールディスプレイもメーターパネル インフォディスプレイも小さく「」マークは出続け。



さて、購入1周年の1つのメンテナンス。今後お世話になり続けたいかかりつけ工場を決めるという機会でもあります。しかし毎年やる事。オイル交換はガソリンスタンド(以下SS)で気軽にできるならそれもいいと思いながら、ネットでおすすめを見て吟味。どこが取り扱うオイルが質がいいのか。



3度のネット購入を繰り返す


「ミニ オイル」…ネットで吟味しながら、ミニの純正オイルがAmazonで購入できる事が判り、せっかくなら純正でと購入。(うちの現行ミニクーパー3ドアは「F56」という型番があり、そこはちゃんと合致を選んでます)

12月6日「MINI ORIGINAL ENGINE OIL」(1L) 1本到着

BMW MINI 純正エンジンオイル 5W30 ロングライフ01 MINI ORIGINAL ENGINE OIL


この時点で…今でもですが、全く車のエンジンオイルの知識はありません。
しかし、何となく市販のエンジンオイル缶は見ていてそのサイズを想像していたので、「え。小さくね?」と思い、一般的に必要なオイル量・MINIのオイル量をネット検索。結果、ミニは4L程。

あぶねー💦 1Lだけ持ち込んで恥かくところだったー💦 「何か小さい」という違和感だけで検索してよかった。よく検索してもこの純正オイルは1Lサイズしかないみたい。何でだよ、引っかけか!
(念の為) 4本追加注文。

12月10日、4本到着。計5本




11日


オイルが揃った翌日11日、夕方に名瀬で仕事があった日。
まずお昼に某SSに持ち込みました。ガソリン入れとオイル交換依頼。
ボンネットを開け。
店員さん「ゲージを入れる部分が💧」
僕「何となくネットで見たんですがミニはゲージ(?)がなく(?)、車内のディスプレイで確認するとか…」(浅はか)
ちょっと分からないタイプで心配という事で断念。やはり自動車工場の方がいいですよという事で。

結果的にこれまでお世話になってる率100%の奄美マイカーセンターさんに電話。できますよという事でそのまま名瀬に走りました。



オイル漏れ


作業していただいて…途中「ゲージはディスプレイのようで」などの話で作業場に呼んでもらったり…最終的に屋内のソファで待っている僕の所に整備士さんがやって来ました。
整備士さん「これは、新車ですか?」
僕「新車です」
整備士さん「初めてのオイル交換?」
僕「はい」
整備士さん「ちょっと」

わずかにオイル漏れしていたみたいです。新車ではない事って。

ドレン(排オイル口)部分。茶色いオイルが垂れようとしている。カバーにも染みている



量は半分程になっていたようです。
で、基本のオイル交換時でもだし、今回は特に、パッキンも交換した方がいいらしく。

ドレンはボルトで閉まっているのですが、その隙間に入れる金属のリングです。
一般人には「パッキン」と言うとゴム製の輪っかですが、ここのパッキンは銅やアルミの金属が主流なんですね。タフである必要があるのでしょう。比較的柔らかい金属で少し潰れて密着かぁ。逆に素人の僕からすると、ボルトと金属パッキンでしっかり閉まる、それが最適というのが不思議…。

工場にも日本車向けの数種類のパッキンがあるけど、合う物がないので追加購入お願いしますという事で。
「今回、このままの状態でもっとキツく締めておいたのでパッキンが来てオイル交換しましょう。ドレンから漏れてると思うけど、綺麗に拭き取っておいたのでそれもその間まででどうなるか様子見」という事に。

マイミニクーパーF56のパッキンの正確なサイズは判らない。
検索すると、パッキン単品で買いたいけど単品ではマイミニクーパー向けは判らない。
ボルト・パッキンセットになった製品だけがF56と適合する事が書いてあり購入。



14日


昨日、ボルト・パッキンセット製品到着


この日のうちに奄美マイカーセンターさんへ。



買ったパッキン、割れる


屋内のソファで待っていた僕に整備士さんがご報告。
まず、前回でキツく締め直しているがやはり少し漏れがあった。ほかに漏れてる可能性が低く、このドレンから漏れてるかも。パッキン取り替えでよくなるかも。
そして、買ったボルトとパッキンで閉めてもらおうとしたのですが、漏れ予防である程度キツく締めたのもあるのですが、割れてしまったようです。

で、前回は判らなかったけど、工場にあったトヨタ車向けパッキンが合ったのでそれを着けてもらったという事です。

買ったボルトの方はマグネットも付いているので、ボルトは新しい方で。
マグネットは何の利点があるのか尋ねたところ、オイル内に金属の削りかすが出るのでそれを引き寄せ舞い上がらせない効果があるみたいです。

持ち帰らせてもらった、各パッキンと純正ボルト




警告表示、消えず


そしてそして。やっと気持ちよくなるーと思っていた警告表示は、正規ディーラーでしか変更できない仕様で、奄美マイカーセンターさんにあるコンピューターでトライしてもらったもののできませんでした💧

エンジンをかける度にこの心地悪い警告が出続ける…。
センターコンソールディスプレイ内にはほかにもメンテナンス項目がある。3、4 と増えていくのでしょう。
正規ディーラーを利用させる商法な訳です。

毎年鹿児島に輸送する訳にいかないし、「ミニ in 離島」はこうなんだ、これが証なんだ、と割り切って使うしかないのか。
でもおかしいじゃん。まずこれ聞いてないし、車は毎年オイル交換等メンテナンスがあるし、世界に離島はあって、世界のミニ正規ディーラーはめちゃあるとは言えないし。離島の特例はあって然るべき等と色々と思いましたが。

…と、一旦検索してみたら何か可能性がありそうなので。
追って報告します。



【追記】15日


↑の時点でネットでそれっぽいのを探していたのですが、この記事書き込み後に実行。
驚く程簡単に消す事ができました😄

ただこのやり方だけ知りたくて当ブログにいらっしゃった方の為にも別記事にしました。

【次記事】ミニ F56 サービスインターバル (警告表示) リセットの方法