今月12日は瀬戸内町ミュージカル「ユイツナグ きゅら島の心を未来へ」再公演でした



7月15日の本公演のチケット配布(無料)で大好評キャパオーバーが判明し行われた再演でした。
7月15日が1:30pmからと4:30pmからの2回、そして今回も同じ時間で2回。



7月15日は入らなかった「女子の楽屋」。賑やか、そして皆でメイクが楽屋らしい。

今回は「メイクは女子の楽屋にて」という事で。前回は、これまでずっと大勢でガヤガヤしていたのでそのイメージのまま当日を迎えると男子楽屋はガランとという事に寂しさを覚えたのでした(笑 / でも前回も昼食は男子楽屋に皆流れ込むという事になった)。



ふるさとCM


実は今年のふるさとCMはこのミュージカルをテーマにする事に7月15日後に決定。
例年に比べ、昨年は締め切りが早まり大変だったと思いきや、今年は更に早まり…。
なので、当然4月からの練習の様子などをCM的映像で撮っている筈もないので、8月12日の再演へ向けてのわずかな練習日を撮らせてもらい。更には時間をいただいて少々“作った映像”に協力してもらい。そして究極だったのが、この再演当日の午前中のゲネプロ(本番さながらの練習)合間に時間を10分もらって重要なシーンの撮影に協力してもらったのです。
正直これが僕には辛くて… 申し訳なさで押しつぶされそうでした。という訳で僕にとってこの再演日は“やらないと”の山が3回あったのでした。



結果


今回の再演も2公演ともほぼ満席 本番全4公演、合わせて1,000人以上を動員したのでした。

そして「再演」の僕らのテンション・モチベーションはどうなるんだろうなと、分からない部分がありました。結果は、緊張度はずいぶん減っていました。小さいお友達で7月15日の時点で「全然緊張してない」と言っていた子もいるので、今回は更に何ともでしょう 実際公演前の「お客さんへ並んで出迎え・挨拶」がもう体をなしていないというのか、大はしゃぎ(笑) お客さんには「お出迎え」に映っていなかったかも(笑)

しかし演技がグレードアップしていたと思います 7月15日に比べ人数が減ったのですが、皆良かった。そして子供達が特に凄かった。
そして更に更に1日2回公演の2回目は疲れと集中力低下が出るものですが、これが更に! 今回のこのミュージカル初挑戦の最後の最後という意識が働いたのか子供達が凄かった!



今回このミュージカルで色々発見と関心する事がありました
来て下さった方々、関係者の方々、演者の仲間、そしておさっちありがとうございました