母のお知り合いは目にされた事があるかも知れない問題の母のメアド。素晴らしい、母のあだ名のみ、付け足しなしのシンプルメアドでした



母のGmailアドレス。GmailはGoogleによる今では世界最大のメールサービスですが、サービス開始当初だった*為か、自分なんかが獲れないようなまさかの短い日本人名の代表的なあだ名のメールアドレスをゲット。
*Gmailは2004年から提供開始、母のGmail登録は2006年

〇〇chan@gmail.com


母の使うネットサービスは、このメアドをメインに色々登録させていました。



一昨年くらいからでしょうか。身に覚えのない会社から、身に覚えのない名前宛で「(他人名)様、ご登録ありがとうございます」という身に覚えのない“登録完了”メール等が頻発するようになりました。
他者が、母のメアドを使って各所のサービス登録を行っているという事です。
登録完了メールから、会員DM、そっから派生したと思われるまた他社の宣伝メール…。

自分で言うのもナンですが、自分とかだからこう冷静に分析できたと思いますが、ご年配とかだと、まずこのメールを送ってきてる企業を悪徳業者だと見なし、怒ったり恐怖したりパニックになるかも知れません。



意外とその間違って使ってる人の情報の尻尾を掴む事はできません。
来るメールは大抵「ご登録ありがとうございます」だけで、良くてそのメールにその間違って使っている人の名前が記されている程度。

こういった変なメールが来る度に、母は僕に「何なのこれは」と報告。
僕はこれまでに3社程に丁寧に経緯を説明したメールを送り、こちらからは間違った人に連絡が取れないので「間違われた方に警告していただけませんか」とお願い。



それでもまだ来るので、先程遂に母から「メアドを変えて」とお願いされました。



初期に「間違えられて使われてます。間違えている本人に警告して」メールを送らせていただいたB様(女性向けファッション通販)からこのようなご返信がありました(ありがとうございます)。
確認をいたしましたところ、B会員様のご登録のアドレスと若干違うのですが、数文字が違うだけですとgmailの場合、今回のようなことが発生してしまうようでございます。 (抜粋)
今これが本当なのだと思っています。
初めは、知り得た“間違えて使ってる人の名前”は1人くらいで、同一人物がずっと間違え続けていると思っていましたが(その人のパソコン内での予測変換が発動して)、後に別の名前で「(他人名)様、ご登録ありがとうございます」というのも出てきていたのです。企業以外にも個人が間違ってメールを送ってくるケースもありました。

要は推測ですが、Gmail全体でユーザー間を股にかけて“予測変換”のような現象が起きている可能性があるという事です。その間違った人達が一度も母のメアドを打ち込んだ事はないのに「◯」と打ち込んだら「◯◯chan@gmail.com」になってしまう、または「OOcham@gmail.com」というような似たようなメアドが「◯◯chan@gmail.com」に勝手に変換されてしまうという事です。それを間違いユーザーは見えていてうっかりそれで実行しているのか、見えていないシステム内で起きているのかは分かりません。

もしこういう事なら、報じられていないGmailの重大な欠陥の可能性があります。



残念ですがこれから母のメアドを変更します。
お知り合いには後程母から新メアドは送られると思います。
SNSアカウントも新たに作られるかも知れませんがよろしくお願いします。



【PS】
母のMacBook Proはキーボード「8」と「9」が打てない為、パスワード関係で多々苦労します 仮名表(文字パッド)でも入力できない入力フォームもあります。

【PS2】
このような状況は嫌なのは当然で変えたいのは解るけど、今母のメールを視てみると、それがなくても過去から普通に不要なDMが停止されずに大量に受信されていたり、迷惑メールを迷惑メール指定作業していなく、ごちゃごちゃ… うーん、自分が母のメールずっと監視していた方がいいのかな。







【参照追記 8月10日】お知り合いも…
*こちらのツイートへのリプライも見る場合は枠内日時をクリック