Instagramは公式的にパソコンからアップロードができません。
公式的に「スマホでアップする事が日常のリアルな投稿になる」(この言葉をちゃんと引用したいけどネット上見付けきれない)という事のようで…。

でも非公式アプリ等でパソコンからもアップできます。
僕のInstagramへのアップはまだ100枚を超したばかりですが、常に環境をベストに整えたいという性格なので既に色々試してます。

これまでは、恐らくこのジャンルで最もメジャーなGramblr(Mac / Win)というアプリを使ってました。
そのGramblrが少し前にアップデートされ、簡素なアプリ単独でアップできていたものが、アプリをクリックするとブラウザが立ち上がり、Gramblrのサイトに飛ぶように。そのサイトにアップしてトリミングからフィルター加工から何でもできたので「サイトでできるならそれに越した事ないやん」と思ってました。この状態で数枚アップ。しかしその状態は間もなく終わり、サインアップ(新規登録)を求められる画面が出るようになりました。が、このサインアップに適切だと思われるメアド・パスワードを全て入力し何度試してもエラーに
新たなMacからアップする方法(アプリ)を探す事になりました。



発展途上感のFor Instagramアプリ in App Store


App Storeで「Instagram」で検索をかけると、多種多様なアプリが出てきます。そして多くが「公式アプリです」「いや我こそ公式です」と言わんばかりのアプリ名とアイコンばかり 中には公式アプリだと誤解した人により「Instagramには更なるこのアプリの改良を…」といったレビューまで 上から書いているように現在Instagram公式からMac用アプリは出ていません。

Twitterの“公式アプリ糞時代”を思い出します(Twitter公式アプリ for Macは現バージョン絶賛糞ですが)。公式がしっかりしてないと非公式クライアントアプリが発展(混乱)するんですよね。あとから公式がやっとまともなのを出して、これまで頑張ってきた非公式はお役御免と…。
  • まず閲覧オンリーアプリかアップできるアプリか
  • Instagram公式でも後から可能になった筈の、長方形の画像のアップが可能か
  • 動画のアップが可能か
この3点が大事なんですが、これらができるアプリを選ぶのが困難。For Instagramとか重要カテゴリーではアップル公式という法の目でもっと精査整理してもいいんじゃないかと思います。



アプリ「Up - Uploader for Instagram」


★★★★★★★★★★

まず初めにしくじりました アプリ「Up - Uploader for Instagram」。¥2,400!!

アプリの説明に英語で「長方形画像のアップができる」「動画のアップができる」とあり、最高額¥2,400なのもあって、最強アプリと期待するでねぇでずか(by 井崎源次郎 (橋爪功))。

ところが1枚アップしてがっかり 横型3:2の写真をアップしたのですが、ちゃんと長方形画像がアップできたかと思ったのもつかの間、上下に白のレターボックス(余白)が付いての正方形画像になってのアップだったのです
アップする時に、正方形にトリミング(Crop)するか、長方形のままでアップするか(Fit)選べるのですが、長方形のままを選んでこうなります。

そもそも購入前から分かる、データサイズが1.6MBというところから察するべきだったのですが、非常に簡素なライトアプリでした。

動画は試した動画がサイズが大きかったからかドラッグアンドドロップしても無反応でした。

言い過ぎたでしょうか。まあアップロードはできます。長方形画像はレターボックス付きの正方形になるというのを除くと普通かも知れません。ジャンル史上最高額アプリというのが加味されてます。¥2,400の価値はありません。
この後すぐに下記を手に入れたし、長方形画像のアップができないので1枚アップして使ってません。



最強アプリ「Deskgram」ゲット


★★★★★★★★★★

アプリ「Up」でがっかりして、すぐ新たなのを探してDeskgramを見付けました。無料です!!



長方形画像アップができる! タイムライン閲覧ができる!


ありました。閲覧できて、アップロードできるアプリ。しかもタイムライン閲覧画面がスマホの公式画面に似ています。5月11日に公式がアイコン・内容・サイトのデザインを一新しましたが、その変更後の最新の状態とボタン内容が一緒。このDeskgramの現在のバージョンは2.0、2016年5月17日リリースです。ほとんど遜色なく公式スマホアプリの機能がそのまま使えるのではないかと思います!



以下、ちょっとしたテストで判った仕様です。
公式スマホアプリで色々試すのは面倒なので公式の詳しい仕様は解りません。なので公式の限界(仕様)とDeskgramの限界(仕様)がイコールかも知れないしそうでないかも知れません。でも取りあえず、公式は画像は最大長辺が1080pxになります(それより大きいサイズをアップしても1080pxに縮小されるという事です / サイト表示でも今持ってるiPhone 5sでも1080pxが披露される事がないのですが、公式サイトのソース(データ)を確認すると1080pxが隠されてます)。Deskgramでアップしても1080pxになり、その上で長方形画像がそのままアップされているので、まず文句がありません。
  • 横型・縦型画像がアップできる
    「With BG Color」か「Without BG Color」が選べ、前者が正方形になってレターボックスが付く(BG(レターボックス)の色まで選べる)、後者が真の長方形画像でアップできる。最も横長で16:9、最も縦長で5:4(馴染みのない数値)。初めからトリミング点線が出ていて動かせるようになっており、16:9より細長い画像だと点線をその画像上で動かしてオーバーした部分を切り落とさないといけない。
  • 動画は大きいサイズだと受け付けず、960×540px / 15秒がアップできた


マイナス点
  • タイムラインをトラックボールでスクロールさせると、コメント部分が“スクロール in スクロール”になってるので、スクロールが停まる
    Macのトラックパッドでは停まる事はありません。なお、タイムライン全体のスクロールにスクロールバーがありません。
  • ロゴが旧Instagramのロゴのフォント風
    今のInstagramのロゴはオリジナルですが、過去のロゴは既存のフォントでした。そのフォントに「Deskgram」のロゴは近いです。特にこのフォントでアイコンの「Dg」は汚い。
  • フィルター加工もできるが、色の段階が荒くなる
    使わないが吉。というかMacからアップはフォトショ加工をするのでまず使う事はないですが。


App Store「Instagram」検索で出なくなった


ダウンロードして数日後、App Storeで「Instagram」で検索すると、Instagram関連アプリ内にこのDeskgramが出なくなりました ここにも「幻の最強アプリ」と書こうとしていたのですが、改めて直接「deskgram」で検索してみると出てきました。
なぜか判らないけど残念です。直接検索でゲットして下さい。



【追記】Deskgramマイナス点
  • 投稿失敗あります
    その時は長々と書いていたキャプション(打ち込んだ文)が消えるので、予めメモなどに文の保存を。
  • キャプションが長過ぎると、画像は投稿成功してもキャプションだけなしになります
    投稿前に警告が出ず確認ができない為、長文を入れたい場合、投稿しては削除を繰り返す事になります
この点で星8→7に下げます。

【追記】30日
昨晩Deskgramで1枚アップに成功し、続けてもう1枚アップしようとしましたが、エラー。その後何度トライしてもエラーです。Deskgramの機能で小さくトリミングしてもエラー。→後日可能に







【追記】6月17日

久々ふと、App Storeに「Up」を見に行ってみたら、うーわ マジかよ
「Up - Uploader for Instagram」という名前のアプリは低評価(全ver含め、自分の含めて確か2件しかレビューなかったけど)で挽回できないと思ったのか、違う名前・同じアイコンで発見・・・その価格が何と、¥4,800!! 2倍の価格に値上げしてました。

inxtify
Inxtify - Uploader for Instagram
更新: 2016年6月16日 (昨日だった!)
価格: ¥4,800 !!
サイズ: 1.5MB (変わらぬスカスカアプリ。むしろ0.1MB軽くなってる)
販売元: Zhi-Wei Cai


合法だろうけど、ユーザーがアプリの相場の性能と値段で予想で購入する世界につき、詐欺行為に近いような…。Apple Storeさんこれ良くないんじゃないの?? “悪質”である事は間違いない 少数が引っかかって購入しては名前をコロコロ変えるのか?

取りあえず、このアプリ、この販売者に注意です!!







【追記】7月8日

少し前にアプリ「Deskgram」が、「これ以上利用するには有料」表示でストップ…。
いや、優秀なアプリには金払うよ! と思ってサイトに行くと、月々支払い…。一括の完全購入にはお金を惜しまないけど、月額やレンタルは好きじゃない僕。

Deskgramの使用続行を諦め、ふと、久々にスタンダードアプリ / サイト「Gramblr」のサイトを視てみると、バージョン新しくなっていてアップデート。

使用できていた最後の状態と同じく、Macにアプリを入れつつ、そのアプリをクリックすると、Safariでサイトに飛ぶようになっていて、結局Gramblrサイトで画像アップの作業になる感じ(アプリをMac内に入れておく事いる?)ですが、できるようになってました!

振り回されましたが、またGramblrで、無料でMacからInstagramにアップできるようになりました。