B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- in 奄美文化センター アルバム「EPIC DAY」風



念願のB'z LIVE-GYMにやっと初めて行ってきました!

ええはい。意外と初です。そもそも島人じゃない超大物ミュージシャンのライブは昔に長渕さんが奄美にいらっしゃった時以来2度目かも。島のミュージシャンの方は仕事繋がりもあってお会い・ライブ参加させていただく事も。僕全然ですよ。映画も映画館で観た事あるのは片手の指で収まります(笑) 音楽大好きですよ。でもお金ないですよ(笑) ライブ参加ベテランの方から見るとショボいでしょうが、あたたかく見てやって下さい。



リベンジだったのです


今回B'z 2度目の奄美大島公演です。前回、自分にとっての初のB'z LIVE-GYMを地元 奄美大島で味わいたかったのです(そもそもしょっちゅう行けないからね(笑))。
自分メモなのでAさん(仮イニシャル)には申し訳ないがこれも書いておこう。
前回、初の奄美大島公演は、B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"の時でした。この時僕は埼玉在住、東京で仕事をしていました。
僕はmixiのB'zコミュなどで数ヶ月前に今回のLIVE-GYMは奄美大島(奄美文化センター)に来る!と知り、チケット入手はファンクラブ、そして地元優先だと思われるので、その時古仁屋で音楽関係屋さんをしていたAさんに「チケットを手に入れる事ができたら手に入れてほしい」とお願い。この時は悪しきライブチケットの風習、“電話で早い者勝ち”でした。
結局待てどもAさんから連絡は来ず、ライブチケットは獲れなかったものの、何かにちょっとでもあやかれたらいいなと、このLIVE-GYM奄美公演7月2日の前日1日に奄美に帰郷。
島に着いたこの日、明日やるライブの気配や空気などあるかなと文化センターを覗いてみるも閑散として一切気配なし。大浜海浜公園に行くと追っかけの女の子達と遭遇。少し喋りました。内心 (敵だ) と思いつつ(笑)
2日当日にはもう名瀬でLIVE-GYMが催されるというのも気にせず古仁屋にいて、瀬戸内町のシーカヤックマラソン大会の前夜祭か後夜祭で他者さんがライブをするのでそれを観させてもらおうと思いつつ、夕方Aさんのお店へ雑談しに行きました。
するとAさん「Tundie君、LIVE-GYM行くんじゃないの!? チケット獲れたんじゃないの?」「連絡ないから獲れてたのかと」…。
そして更に、僕が島に帰って正直 (あの、あのB'zが奄美に初めて来るんだぞ!? 何か何にも歓迎ムードがないな) という感情があった通り、名瀬の音楽関係店でチケットがさばけず300枚余ったようで、古仁屋の音楽関係取り扱い店2店にもチケットをさばかないか名瀬から声がかかったと。Aさんはさばける自信がなかったのでお断りし、もう1店では販売時ちょっと列ができたと…。
Aさん「今からでも車走らせたら? 運が良ければ誰かチケットを譲ってくれる人が会場近くにいるかも知れないし。どのみち会場の外で漏れた音が聴けるだけでもいいでしょう?」
僕は「そうだよな…そうだ!」と決意し、奄美文化センターへ車を飛ばしました。
開演からおよそ2時間後くらい? 奄美文化センターへ到着! 車を出て文化センター庭の大歩道に来たところで…文化センター建物からぞろぞろと人が出てきました…。そう。僕の到着と同時に終わったようでした。早くない? ちゃんと盛り上がったのでしょうか。
自身のついてなさを恨み、奄美の宣伝・盛り上がりのなさを心配した、B'z LIVE-GYM第1回奄美公演でした。



さて、今回の
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- in 奄美文化センター
に話を戻します。

南海日日新聞に掲載された広告



チケット入手


紙で繋がった入場引換券

今回また奄美に来てくれるというのを初めて知ったのは、Facebookのお友達のつぶやきだったと思います。

当然大型音楽ライブのチケットを購入するというのは初めてでした。ローソンのローチケというとこでネット予約しました。嬉しかったのが「先着順ではありません」と明記されていた事。地元住所が優先されているのではないかと思いました。結果、僕の分とお願いされていた友達Rのチケット2枚を予約して無事購入できました。



結果、多くの友達が参戦


何だかんだ色々あり、一緒にチケットを獲ったR以外離れた席でしたが友達が自分も含め計6人参加しました♪
共有できる友達がこんなに増えて良かったです。



3:00pm頃会場到着。おっかけ来島者率高し


6:30pm会場7:00pm開演。
僕ら3人は僕の車で早めに行きました。

天気はあいにくの曇り時々雨

お客さんの為に入り口に停めてあるツアートラック
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- ツアートラック in 奄美文化センター

斜め後ろ
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- ツアートラック in 奄美文化センター

真横
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- ツアートラック in 奄美文化センター

記念撮影

商売してます
普通に考えるとTシャツが欲しかったのですが、あまりにも生地が薄くて…見本でハンガーに掛けてるものが肩の方が穴が空いてる状態でご遠慮 もっと高くてもいいからもっとしっかりしてたら買ってたのにな〜。…と言えない立場でした。財布にお金があまり入ってなかったのです おかしいな。一部友達ヨッシーから借りて下を購入。

ショッピングバッグ (¥500)・ツアーパンフレット (¥3,000)・メモリアルプレート (¥1,800)

メモリアルプレートはグッズの中で唯一その会場だけの文言が書いてある

パンフレットはただ写真集でした。



そこそこグッズを見た後は、時間つぶしと腹ごしらえの為、ジョイフル奄美長浜店へ。そこが順番待ち長蛇の列。それでも何とか席に座れて食事して、ふと気付くと6:20pm 小走りで奄美文化センターへ。



B'zの、B'zの、


会場入りする長蛇の列

列に並んでしばらくすると、もう一方の友達3人と合流♪
全員2階席。同じ階段を上がったあとは各々離れ離れに。会場は満員でした。

僕とRは2階席は2階席でも、2階席中1番前! 僕が最も左、Rがその隣でした。



稲葉さんの喉は強かった


稲葉さん格好良かった! もう分かっている事でしたが、やはり稲葉さんの喉は凄かったです! 正直その他の楽器のロックのパフォーマンスは近いものは見聴きする機会があります。しかし、稲葉さんのお声は唯一無二。さすがでした。
松本さんも格好良かった! もうちょっとお声が聞きたかったです(笑)
サポートメンバーの4人も素敵でした。シェーンさんの激しさ、大賀さんやバリーさんが松本さんと横に並んで演奏してるのは格好良かった。キーボードの増田さんはすみません。スピーカーで隠れる位置でした…。
あと、色んな演出をする照明に感動しました。全体的にシンプルなセットだったのですが、照明が多彩な演出をしてくれますね。

9:20pm頃お疲れー!

Don't Leave Me、HOMEが聴けて良かった♪
今特に耳に残ってる曲は意外とアルバムのBlack Coffee、BURN -フメツノフェイス-。



B'zとサポートメンバー、本当に来てくれてありがとうでした







【追記】B'z LIVE-GYMが底知れぬパワーで梅雨を運んできてる!?

MCで稲葉さんが「合わせてきたかのように奄美が梅雨入りしました。沖縄をすっ飛ばしてLIVE-GYMと同時に奄美が梅雨入り」と仰ってました。
ライブ前にTwitterフォロワーのソテツさんが同じ事に触れていて、僕は冗談で「稲葉さんにこの話をしたんですか?」とリプライしました。

そしてテレビニュースで判ったのですが、奄美が全国で(沖縄を飛ばして)最初に梅雨入りしたのは9年ぶりで、前回は2006年だったそうです!
季節は違えど2006年は前回B'zが奄美大島で初公演した年…。何か繋がりを感じます。







【追記】ツアーが終了しているので奄美公演のセットリスト(曲目)公開

  1. 有頂天 (アルバム“EPIC DAY”)
  2. NO EXCUSE (アルバム“EPIC DAY”)
  3. アマリニモ (アルバム“EPIC DAY”)
  4. Exit To The Sun (アルバム“EPIC DAY”)
  5. Black Coffee (アルバム“EPIC DAY”)
  6. Don't Leave Me
  7. BLOWIN'
  8. love me, I love you
  9. HEAT
  10. Classmate (アルバム“EPIC DAY”)
  11. Man Of The Match (アルバム“EPIC DAY”)
  12. 熱き鼓動の果て
  13. Blue Sunshine
  14. HOME
  15. ultra soul
  16. スイマーよ!!
  17. GO FURTHER
  18. BURN -フメツノフェイス-
  19. Las Vegas (アルバム“EPIC DAY”)
  20. EPIC DAY (アルバム“EPIC DAY”)

  21. アンコール

  22. イチブトゼンブ
  23. 愛のバクダン