Twitterでは結構前から度々つぶやいてましたが、うちの

MacBook Pro 17-inch, Mid 2010
プロセッサ 2.8 GHz Intel Core i7
メモリ 8 GB 1067 MHz DDR3
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 330M 512 MB

がピンチです
動きはまだまだサクサク(というか劣化しないのか?という程)なのですが、問題なのは容量です…。
本体に500GBのSSD(半導体素子メモリーのディスクドライブ)を積んでいるのですが、一杯一杯で、ここのところ何かを削除しながら、仕事を進んでいる状態です



ド素人じゃないので、もちろん書類データ(映像・画像・テキスト・各アプリプロジェクト)で一杯なのではありません! 書類データはほとんど本体にはなく、外付HDDに入れてます。iTunesの音楽さえ、USBフラッシュメモリーに入れて、MBPに繋いで聴いてるのです。この通り。

システム系で食ってるのです
Logic Pro & GarageBandのループ音源は本体に入ってた方がいいみたいですが、それらも泣く泣く本体からは消してます。うまく機能しない状況。
Final Cut Studio(FCP 6)、Final Cut Pro Xもアプリ自体消しました。



こんだけ空き容量が少ないと、何も作業してなくても刻一刻と容量が変化する事が判ります。今日もAnimation QuickTimeムービーを再生しようとして自動変換が始まって、変換が終わりそうな時に記事上の警告が出てしまいました。その時は残り400KBくらい が、その後何もしてなくても1GB程は空きが増えたりします。



今日はこれで作業中断 再度、ライブラリフォルダ > Application Supportフォルダや、アプリそのものを外付HDDにコピーしたのち、掃除を始めました。
システム系はその名前でググっていらなそうだなと確認しながら削除。
何とか9GB程空きました。
でもまだまだ足りません。もっとほかにも消していかないといけません。



仕事の最重要ツールなので、Macはとても大事で、常にいい状態でないといけません。
パソコン本体は、ノートでも1TB必要と思います。
そろそろ新型Mac Proが出ますね。検討しないといけません…。







【追記】09日
勇気を出してクリーンインストール(前状態を完全に削除してOS入れ直し)しました

昨晩から今朝に掛けて、クリーンインストール、ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 MASTER COLLECTIONの中からアプリを絞って入れたとこ。

結果、凄まじいダイエットに成功!



これが“デフォ”の状態か…。


そしてADOBE MASTER COLLECTIONから使わないであろうアプリを除いてインストールした状態。



アドビ入れてもこの状態。
やっぱ何か異常だったのかなぁ。これならLogic Proの音源も入りそう。でも、慎重に慎重に。でも常に掃除掃除な感じで使ってたつもりなのに何なんだろうな。

さて、フォントから、QuickTimeのプラグインから、登録単語から、一からセッティングをやらないと…。