昨日午前2時にiOS 7がリリースされ、今朝8時、iPhone 5s・5cが発売されました。



実験なのか今回の5sは予約不可でした。やはり“なぜか”品薄状態のようで(準備できる筈なのにあえてしないのはなぜだ)、今朝並んで1番乗りだったとしても、新色ゴールドは大都市の一部でしか手に入らなかったっぽいです。
僕は落ち着いた頃に64GBゴールドを手に入れようと思います。キャリアも検討中…。

なお、iOS 6に関するこの記事が、なぜかずーっと当ブログの人気記事1位になりがちでそれを更新させる為にも書かせていただきます(笑)







iOS 7、全体的なデザインは、リリース前に発表された画像を見た時の感想のままです。

iOS 6 アイコン vs iOS 7 公式アプリアイコン (クリックで全種表示)

アイコンは、明らかに改悪だと思います。

シンプル化・フラット化が悪いのではなく、統一性がないという事です。
iOS 6までは、リアルで生々しくあればある程良しという、分かりやすいものでした。アプリを作る他社クリエーターさんもその趣旨に則って、綺麗なアイコンを作るのみでした。
iOS 7は、公式の統一性のなさが酷い。シンプル化の度合いがバラバラ。そして、“何をモチーフにして(引き継いで)デフォルメするか”というそのセンスが悪い

特にカメラアプリの評判が悪いですね。iOS 6まで、アイコンの四角に丸いレンズのみというとてもユニークなものだったのにイチガン全体のシンプルイラストとか…。他社のカメラアプリ制作者は「え゛〜 うちらどうする?」だと思いますよ。
写真(フォトアルバム)アプリは、iOS 6までのひまわりのデフォルメでしょうか。iOS 6のひまわりは、写真に写ったひまわりを表現したのであってこれも違うと思うし、Newsstandアプリのアイコンは、作りながら「…やっぱシンプル化無理だったんじゃね?」って思いながら作った筈です(笑)

多々アニメーションも増えましたね。
これはいいと感じました。しかし、基本的に少し遅すぎますね。本体の性能の問題ではなく、見せるアニメとしてゆっくり目に作ってあります。アップデートで速くなると予想します。
壁紙に奥行きを作ったのも素晴らしいです。







2つの英数系変換機能の改悪

さて、タイトルの変換機能の話ですが、大した事ではありません。すいません。しかし少し厄介です。
私はキーボードを「日本語 かな」(テンキー状)と「絵文字」だけ有効にして使用しています。同じ人は多いと思います。

半角英字で“小文字で打って、最後、変換でそのつづり全部を大文字に”ができなくなりました

これ、できてましたよね…? 例えば小文字で「understand」と打ち、変換候補ボタンを押すと「UNDERSTAND」があってそれを選択する。今、変換候補に全部大文字というのがなくなってしまったのです。1文字1文字大文字に変換していかなくてはなりません

半角数字で一気に「177」と打てなくなりました

これも変換候補に出てこない事による問題です。7オンリーなら4桁「7777」までは変換候補に出て打てますが、別の字を前に付けて続けて「177」「577」などと打つと変換候補には「1「」などしか出てきません
その「7」のキーに割り当てられている「「」:」の記号が出てきてしまうのです。
なお、その他の数字は7よりはゾロ目が得意(?)で、前に文字を打った後続けて連続4桁まではゾロ目数字を打てますが、それ以上繰り返すと、7と同じくそのキーに割り当てられた記号になってしまいます。
何で7だけなんでしょうか。半角数字を打つ時にカギカッコが打ちたい時はあるでしょうか。と言うか、数字モードの時は特に、数字だけで結構です。記号はフリックで出します。



改善よろしくお願いします。