前々記事で書きましたが、(頭の)熱が出たのと同時くらい、10月25日におSiriにデキモノができてしまいました…。左尻の、座った時の地面接地面辺りが大きめの丘になっているのです。とても痛くて、一旦座ると痛みが落ち着くのですが、そこから立ち上がると血流関係なのか、ジュンジュワーっと更に激しい痛みが

初め、「もしやこれが浜田さんの言っていた“痔ろう”というやつか…?」とも思っていましたが、ググってこちらを見てこれだと思いました。



週末明けを待って、10月29日に徳洲会病院で受診。

何年ぶりでしょう。否、人生初?? 自分の身体に病院でメスを入れてもらいました。

まずは患部周りに2、3ヶ所、注射で麻酔。これが痛かった

そしてメス。
施術前に「麻酔後メスで切ります」と先生が仰るのを (針じゃダメかな) と思いながら聞いてましたが、先生が仰るのだから間違いないだろうし、面倒臭い患者になりたくないと思って黙ってました(笑)

膿はたくさん出たようです。
お尻の事なので、このプチ手術から今現在も、患部がどうなっているのか、どう治りつつあるのか、全く判りません。

スタントマンのお尻サポートのように厚いガーゼを左尻フルカップで着けてもらい、手術完了。



待ち合いフロアでシートに座って順番待ちをし、呼ばれたんだったか立ち上がって、ふとシートを振り向いたら…、なんじゃーこりゃ!!

長シートの一部が血でベットリ・・・
一瞬解りませんでしたが、もちろん犯人は僕です。

カウンターに説明し…、でもこの時アホやな〜自分 恥ずかしい。
「シートを汚してしまいましたすいません。ゴミ袋だけ貰えませんか? 車で来たもので。シートに敷きます」と、帰って家で処置する気。
もちろんカウンターの方は診察室に内線で再処置の電話を入れ、診察室にバック。

血で真っ赤なガーゼを取り外し、電気メスで止血作業。新しい、また更に分厚いガーゼをしてもらいました。
そして、車シート用に紙おむつフラットタイプ貰って帰りました。






そして、その後連続2日、ガーゼ貼り替え・消毒で病院通い。今は防水のキズパワーパッド風になってます。次は月曜でOKという事です。
結構痛みはなくなってきました



【追記】11月2日(金)
キズパワーパッド風の物が貼ってあり、次は月曜に受診交換だったのですが、体液が出てドーム状に膨らんでいて、それが縁まで広がり溢れるギリギリだったので、出ちゃう前に病院行ってきました。
体液だと思ってたのですが、膿がたくさん出たようです…。手強いなぁ。長引きそうだなぁ。