iPhone、iPad、iPod touch用のiOS 6がリリースされました。

新機能の中でも世間では大変不評なのが、新マップ
大人の事情でiOS 6からはGoogle マップを採用しなくなったのです。
新マップは、精度・詳細度が下がったと問題になってます。



しかし、地域的には嬉しい人達もいるかも知れません。
奄美大島の奄美市名瀬(奄美大島で最も人口の集中している街)一帯がその1つです。

Google マップの航空写真で奄美大島は、まず最初に奄美空港のある北部が高解像度化。
続いて瀬戸内町のほぼ全域が高解像度化しました。
しかし、依然として奄美市の広域が低解像度のままなのです。



前iOS 5時代のマップのスクリーンショットは撮ってませんので、今のiPhone用Google Earthの名瀬のスクリーンショットです。
iOS 5の前マップも、パソコンで見る今現在のGoogle マップ (航空写真)も、この解像度という事です。これ以上ズームアップしてもこのボケたのが拡大されていくだけです。



それが、iOS 6のマップでこうなりました。

iOS 6 マップでの奄美市名瀬


ズームアップ



・・・え? いや、はい、モノクロです(笑)
新iOS 6 マップで、まだモノクロ地域を目の当たりにしてない方には、そこから驚かれるかも知れませんが、奄美大島は多くのエリアがモノクロでした… やっぱり恐らく空港がある為か、北部はカラーです。その他はモノクロ。奄美大島はネット地図では北部が優遇されますね。



しかし、この高解像度化は嬉しい!
あと、スクロールして未表示だった部分を読み込むのが前マップより速い気がする(気のせい?)。
現在地のポッチの精度も上がった気が(気のせい?)。
この地図(標準表示)のエンボス紙感も個人的には好き。
今後に期待でしょう。

そして、↑で使ったように、アプリGoogle Earthは廃止にならないんですよね? マップとGoogle Earth両刀でいい感じ。
うーむ、個人的には全然ありかな。新環境。