ネタバレ注意



Amazon プライム・ビデオで古典名作とやらを観ました。







地獄の黙示録 (Apocalypse Now) (1979) レビュー
★★★★★★★★★★



ハードボイルドな戦争映画だと思ったら前衛トンデモ映画だった


もちろんタイトルを知っていて、「大量のヘリコプターにワルキューレの騎行」のシーンがあるなどは知っていました。そしてタイトルから激しく悲しい戦争映画だと思っていました

とても簡単なあらすじ
ベトナム戦争後期。戦争は恐ろしいもので、戦争によりイカれたカーツ大佐は当局の命令に沿わず、ベトナムの大河奥地で好き勝手な事をしている。それを暗殺せよと主役ウィラード大尉は命じられ…。大河をさかのぼりながら様々なイカれた光景を目にする。そして最後、カーツ大佐の王国が現れた。地元民を率いた謎宗教的王国だった…。

前半が有名なヘリコプターの大群、ワルキューレの騎行、ナパーム弾による森林大爆破が見られます。大河をさかのぼりながら、「あれ?」となっていき、「あれ?」が増えていきます。それは狙い通りのようです…



美点

  • 画が美しいです。画がキマってます
  • よくこの大作を撮りきったと思います
  • 意外と解りやすい映像力学が使われています。
    カーツ大佐の肉声の録音を聞くシーンなど良いです
  • 音楽が良いです
1番好きなシーンは1番始め。暗幕から「ヒュンヒュンヒュン」と音が聞こえ、画面が明るくなり、ベトナムの森林が映し出され。画面をヘリコプターの足元のシルエットが横切る事で、その音がヘリコプターの音だと判ります。そしてその音にシンクロするようにThe Doorsの曲「The End」が始まり。ナパーム弾で森林が真っ赤になります。〜そしてそこからの屋内のシーリングファンのシンクロ。



欠点


独自の「戦争ってヘン」「戦争は狂ってる」がテーマって感じがします。それがそのつもりで観ていなかった視聴者にはなかなか受け入れられません。

映像美優先、ミュージカル的演出優先の為、戦争の恐怖が軽減されてます。
例えば最後のカーツ大佐王国の大衆が何かしそうなのに主役ウィラード大尉に危害を加えず道を開ける感じなど、ミュージカル的演出がリアリティから離れさせます。

ほか思った例え

  • 川岸にある色んなアトラクションが現れては消えていく「ディズニーランド ジャングルクルーズ」
  • 壮大な「ビルマの竪琴」
  • よくできた「イージー・ライダー


好きか嫌いか


と言えば嫌いです(笑)
映像の美しさ、作りきったガッツに星6つです。