1日、親友K太とMikiの結婚パーティが名瀬のライブハウスASIVIで盛大に催されました♪

家族ぐるみで友達の新郎N家。K太は2コ下で自分の弟と同じ代ですが、K太を筆頭にこの代は自分を受け入れてくれ、勝手に同窓気分でやらせてもらってます。



1月31日


大阪在住の自分の弟・弟同窓Kiharaが2泊3日の帰郷。
ミニクーパーで母と名瀬へ行き、母は名瀬の婆ちゃん家で待っててもらって、僕が空港まで2人を迎えに。

古仁屋から名瀬へ向かう時、初めて母に運転させて見ました。ミニミニ大作戦😂


感想は、「まあ運転しやすいんじゃない」みたいな。
最初のシートセッティングでは、これでもつま先触りでアクセル踏んでた感じだったけど本当かな。途中再設定しました。(一応最初の設定も納得するまで母が設定しています)



空港で2人を乗せ、名瀬へ戻ってきて、弟の同窓Wakitaが名瀬浦上で新しく始めた美容室「hair salon BAL frank」を外観だけちょっと覗きに行って、婆ちゃん家へ。そして古仁屋へ。



1月31日 当日


僕・弟・Kiharaでミニクーパーで名瀬へ。K太に予約してもらっていた、ASIVI徒歩圏内の良心価格のお宿にチェックインと荷物を置きに。

とても気さくで喋りやすい女ご主人。
外観では想像できない奥行き。廊下が斜めに奥に続いている。

僕ら3人は出入り口側の広間でトイレ風呂が室内にある部屋でした




ちょっと開場時間より早く行って、飾り付けのお手伝い


6:30pm 開場。人が増えてきて…


新郎新婦の入場


Kihara、乾杯の音頭


高砂の新郎新婦




25分以上に渡る2人のスライドショー映像の上映

画面下に映る小さなK太・MikiがプレゼンテーションとBGM演奏をするというユニークなスライドショーになりました。僕はこの映像制作と当日の写真撮影をお願いされ、頑張りました



ダンス


ヒップスターズ



THE NRUKURI


Irohaカメラマン


Irohaカメラマンに撮ってもらった


躍動感


Chuckとちびっ子達


両家


60年生


柳家本舗


六調



万歳三唱




盛大に催された結婚パーティは9:55pmお開き。
ASIVI外で長らく記念撮影等。



二次会へ。
誰かがラーメンが食べたいと言うのでまずは4人だけで「一番軒 屋仁川店」


11pm 二次会「エリア13」。僕らが入った時は残り1時間


0:30am 三次会「Bar UMIYA」。色々歌いました♪


回すEiichi




お泊り不適合者発動


参照記事


恐らく3:30amくらいに宿に到着。
歯を磨いて、僕は持ってきていた耳栓をして、3人同じ部屋で寝ますが・・・寝られません。

全く寒くなく、2人とも全くいびきなどかかずに、音を立てずにいてくれていますが。

やっぱりもう、同じ部屋に人がいると、老若男女誰とでも寝られないようです。

本当に最低な自分です! 周囲に失礼です。

「寝ずに、みんなが起き出すのをただじっと待つ」
くらいなら車に行こうと5am頃、こそこそと荷物をまとめ玄関に行くと…女将さんが起きて呼び止め
(宿に戻る予定の時間も時間なので料金は先払いしていました)

自分「どうも人と寝られないので車に行こうかと」
女将さん「あらあら そんな事なら早く言ってくだされば。実は2階に空いてる部屋があるんですよ」「最初で言って下さいね」
自分「ありがとうございます! 申し訳ないです」

女将さんの後について2階へ。
2階は廊下があり、他のお客さん(土建業?)が泊まる部屋がいくつもあり、その1部屋に案内されました。

・・・


───もっと身動き取れねえ。


ちょっと動けば響く木造。
トイレどこだろう。
朝早いお隣さんがめちゃくちゃ咳き込み、テレビ着けた音。
他のお客さんと遭遇したくねえ。女将さんは1階か?
「やっぱり寝られなかった」になってはならないので女将さんにも遭遇できない。
いつ下に「てへへ」って降りていけばいい。
もっと身動き取れない状況で「寝ずに、みんなが起き出すのをただじっと待つ」か。

しばらく躊躇したけど、ドアを開けてトイレへ。廊下を歩いた所にトイレはありました。

トイレをして部屋へ戻ると・・・ドア開かねえw


元引き戸が改造されたドアになったものが開きません。そこはちゃんとホテル仕様というか閉めると外から開かないようです。
再びトイレ大に長らく入って…

1階へ降り、僕らの部屋へ。起きた弟とちょっと喋り。
2階の部屋に財布もあるし、女将さんに再コンタクト。鍵をお借りできました。
女将さんのお話では「内側のノブのボタンを押して閉めちゃったんだぁ」との事でしたが、自分で実験してみたところ、やはりこの部屋のドアは壊れていたのかボタンは押さずとも外側のノブは回らないようでした。

明るくなってから2階で少し寝られました

*完全に自分1人が悪いこのエピソードを書くにあたり、旅館名を伏せていたのでした。良心価格で女将さんは気さくで、とても良いお宿です。



2日 弟達見送り


側のホテルに泊まっていたK太達から連絡があって、皆で「ジョイフル奄美入舟店」で昼食。初めて入ったけど広い。

K太の初奄美大島のお友達もあり少ない時間ながら少し観光に。

2つの海が見える場所

怖いと言うMikiに撮影お願い

さとうきび畑に道路一直線の風景




amamin.co.jp社員によるamamin.co.jp社員のお見送り




改めてK太&Mikiおめでとう